蓄電池ブログ

2015年5月 8日
グリッドパリティとは②

エコプラスワンの蓄電池ブログへお越しいただき、ありがとうございます。

当社では店舗のある加古川市を中心に兵庫県で蓄電池着工数No.1を目指し、

ご相談・無料診断・シミュレーションから販売・施工・アフターサービスまで

一貫して誠実にお世話をさせていただいております。

このブログは蓄電池の情報をわかりやすくお伝えするブログです。

今日のブログ記事担当は山口音楽です。本日もどうぞお付き合いください。

今日のテーマは

「グリッドパリティとは②」です。

 

前回の「グリッドパリティ①」の続きです。

今回は、グリッドパリティによって私たちの生活にどのような影響があるのかを

みていきたいと思います。

 

現在では太陽光発電で発電した電力は使わずに売電した方が得になりますが

太陽光発電システムの価格下落と電力料金の上昇で、発電コストが電力系統並みと

なるグリッドパリティーへの到達が確実視されるようになったことで、消費にメリットが生まれ

ようとしています。住宅での自家消費に欠かせない蓄電池のコスト低下もあり、太陽光発電

は売電から自家消費へと移行する環境が整いつつあるのです。

住宅での自家消費の基本パターンは日中に太陽光で発電した電力を蓄電池に充電し、

夜間は蓄電池からの放電で自宅の電力を賄います。充電残量がなくなった時だけ電力会社の

電力にを買います。このため売電から自家消費型への移行で欠かせない蓄電池のコストも

まだまだ低下すると予想されています。

太陽光発電協会の資料によると、蓄電池の充電容量1キロワット時当たりのコストは13年が

25万円。容量6キロワット時の蓄電池だと購入に150万円が必要でした。それが15年には

1キロワット時当たり18万円となり、購入費は108万円に圧縮。20年には同4万円となって

24万円で購入できるようになるとあります。

大手電機メーカーも、太陽光発電と蓄電池を20年使用したと仮定し、それぞれのコストと予想

される電力料金で計算した場合、16年を境に太陽光と蓄電池のトータルコストが支払う電力

料金よりも安くなり、自家消費がコスト的に優位になると試算しています。

太陽光発電に蓄電池を含めたコストでもグリッドパリティー到達が間近となってきています。


338751

 

エコプラスワンでは、太陽光発電・蓄電池・オール電化・スマートハウスについてのお問合せ、

電気代・光熱費の削減についてのご相談など、弊社のエコエネルギーコンサルタントが

丁寧にお答えしております。

どんな些細なことでも結構です。お気軽にお問合せ下さい。

BLP[5]

【 対 応 エ リ ア 】

神戸市、西区、垂水区、須磨区、北区、長田区、兵庫区、中央区、灘区、東灘区、加古川市、明石市、

高砂市、姫路市、加古郡稲美町、加古郡播磨町、加西市、小野市、三木市、西脇市、加東市、佐用町、

赤穂市、上郡町、相生市、宍粟市、朝来市、養父市、たつの市、 太子町、多可町、神河町、市川町、

福崎町、猪名川町、丹波市、篠山市、三田市、宝塚市、川西市、伊丹市、尼崎市、西宮市、 芦屋市、

その他の地域の方は、一度お問い合わせください。

株式会社エコプラスワン 会社概要

株式会社エコプラスワン
〒675-0111
兵庫県加古川市平岡町二俣762-10
大西ビル302
TEL:079-441-2001
FAX:079-441-2002

太陽光発電 取扱メーカー
  • 太陽光発電 取扱メーカー シャープ
  • 太陽光発電 取扱メーカー 京セラ
  • 太陽光発電 取扱メーカー 三菱
  • 太陽光発電 取扱メーカー パナソニック
  • 太陽光発電 取扱メーカー 東芝
  • 太陽光発電 取扱メーカー 長州産業
  • 太陽光発電 取扱メーカー ソーラーフロンティア
  • 太陽光発電 取扱メーカー Fujipream
  • 太陽光発電 取扱メーカー NEC
  • 太陽光発電 取扱メーカー 4Rエナジー
最新の施工例一覧