蓄電池ブログ

2015年7月10日
据置型 屋内用と屋外用の違い

エコプラスワンの蓄電池ブログへお越しいただき、ありがとうございます。

当社では店舗のある加古川市を中心に兵庫県で蓄電池着工数No.1を目指し、

ご相談・無料診断・シミュレーションから販売・施工・アフターサービスまで

一貫して誠実にお世話をさせていただいております。

このブログは蓄電池の情報をわかりやすくお伝えするブログです。

今日のブログ記事担当は永井虹です。本日もどうぞお付き合いください。

今日のテーマは

「据置型 屋内用と屋外用の違い」

についてです。

 

 

蓄電池には屋内用と屋外用の2タイプがあります。

それではこの2タイプには実際にはどのような違いがあるのでしょうか。

 

屋内用と屋外用を最大の違いは

蓄電池を設置するそのスペースの違いです。

 

蓄電池を電気を入れる箱として考えると、

電池の容量が大きくなればなるほど、入れ物である蓄電池自体も大きくなっていきます。

そうなると当然その大きな蓄電池を設置するには

ある程度場所を確保する必要が出てくるのです。

次に屋内用と屋外用の違いとして上げられるのは、太陽光パネルを設置しているか否かという点です。

太陽光で発電した電気を家庭に接続させる際に電流を変換するための

パワーコンディショナーと呼ばれる装置が必要になってきます。

またここに蓄電池を新たに連結させる際にも、どうしてもまとまったスペースや工事が必要になります。

大体の配線等は外に備え付けられているので

もちろんスペースは家の中に十分あるのですが

接続の関係上屋外に設置することになるというケースもあるのです。

 

このようなことから

実際に設置する際には、屋内用と屋外用のどちらがいいか

よく検討した方が良いでしょう。

 

 

エコプラスワンでは、太陽光発電・蓄電池・オール電化・スマートハウスについてのお問合せ、

電気代・光熱費の削減についてのご相談など、弊社のエコエネルギーコンサルタントが

丁寧にお答えしております。

どんな些細なことでも結構です。お気軽にお問合せ下さい。

BLP53

【 対 応 エ リ ア 】

神戸市、西区、垂水区、須磨区、北区、長田区、兵庫区、中央区、灘区、東灘区、加古川市、明石市、

高砂市、姫路市、加古郡稲美町、加古郡播磨町、加西市、小野市、三木市、西脇市、加東市、佐用町、

赤穂市、上郡町、相生市、宍粟市、朝来市、養父市、たつの市、 太子町、多可町、神河町、市川町、

福崎町、猪名川町、丹波市、篠山市、三田市、宝塚市、川西市、伊丹市、尼崎市、西宮市、 芦屋市、

その他の地域の方は、一度お問い合わせください。

株式会社エコプラスワン 会社概要

株式会社エコプラスワン
〒675-0111
兵庫県加古川市平岡町二俣762-10
大西ビル302
TEL:079-441-2001
FAX:079-441-2002

太陽光発電 取扱メーカー
  • 太陽光発電 取扱メーカー シャープ
  • 太陽光発電 取扱メーカー 京セラ
  • 太陽光発電 取扱メーカー 三菱
  • 太陽光発電 取扱メーカー パナソニック
  • 太陽光発電 取扱メーカー 東芝
  • 太陽光発電 取扱メーカー 長州産業
  • 太陽光発電 取扱メーカー ソーラーフロンティア
  • 太陽光発電 取扱メーカー Fujipream
  • 太陽光発電 取扱メーカー NEC
  • 太陽光発電 取扱メーカー 4Rエナジー
最新の施工例一覧