蓄電池ブログ

2015年9月29日
三菱電機 SMART V2Hのデメリット

エコプラスワンの蓄電池ブログへお越しいただき、ありがとうございます。

当社では店舗のある加古川市を中心に兵庫県で蓄電池着工数No.1を目指し、

ご相談・無料診断・シミュレーションから販売・施工・アフターサービスまで

一貫して誠実にお世話をさせていただいております。

このブログは蓄電池の情報をわかりやすくお伝えするブログです。

今日のブログ記事担当は山口音楽です。本日もどうぞお付き合いください。

今日のテーマは

 

「三菱電機 SMART V2Hのデメリット

 

についてです。

 

EV(電気自動車)やPHEV(プラグインハイブリッドカー)などの登場によって現実化

してきた、まったく新しい電気の活用法。それがSMART V2Hです。

すでにそれを実現するためのシステムを三菱電機が発売しており、太陽光発電と

組み合わせることで、まさに近未来的なエネルギー活用ができます。

そんなV2H、前回に引き続きデメリットをご紹介します。

 

まず一つは、電気自動車自体の価格が高いことです。

・日産リーフ本体価格 約280万円

・三菱アイミーブ本体価格 約250万円

国の補助金や「エコカー減税」を考慮しても気軽に導入というわけにはいきませんね。

さらに太陽光で発電した電気などをを蓄電して使用するために、V2Hを設置するための

費用と、そのためのスペースを確保しなければなりません。

ちなみに、設置には国からの補助金が購入費の半額が受給できます。

もう一つは、電気自動車で外出していた場合、自宅に戻れない可能性がある点です。

これはどういうことかといいますと、たとえば神戸や東日本大震災でも問題となった

「交通網の破壊」によって帰宅ができなくなるということ。電気自動車は自宅のV2Hに

接続することで、「自宅の蓄電池」になります。また、自宅の太陽光発電と接続することで

「非常時の発電+蓄電ステーション」として自活できるようになるのです。この点が通常の

固定設置タイプの家庭用蓄電池との違いですね。

しかし逆に、充電設備のある場所まで行き、充電してきた電気自動車の電気を家庭で

利用できるという点もあります。

いかがですか? 電気自動差車を家庭用蓄電池として考えた場合のメリット・デメリットは

ありますが、容量や補助金の条件などを考慮すると、V2Hも検討の余地はありそうです。

pct_mv[1]

 

エコプラスワンでは、太陽光発電・蓄電池・オール電化・スマートハウスについてのお問合せ、

電気代・光熱費の削減についてのご相談など、弊社のエコエネルギーコンサルタントが

丁寧にお答えしております。

どんな些細なことでも結構です。お気軽にお問合せ下さい。

BLP53

【 対 応 エ リ ア 】

神戸市、西区、垂水区、須磨区、北区、長田区、兵庫区、中央区、灘区、東灘区、加古川市、明石市、

高砂市、姫路市、加古郡稲美町、加古郡播磨町、加西市、小野市、三木市、西脇市、加東市、佐用町、

赤穂市、上郡町、相生市、宍粟市、朝来市、養父市、たつの市、 太子町、多可町、神河町、市川町、

福崎町、猪名川町、丹波市、篠山市、三田市、宝塚市、川西市、伊丹市、尼崎市、西宮市、芦屋市、

その他の地域の方は、一度お問い合わせください。

株式会社エコプラスワン 会社概要

株式会社エコプラスワン
〒675-0111
兵庫県加古川市平岡町二俣762-10
大西ビル302
TEL:079-441-2001
FAX:079-441-2002

太陽光発電 取扱メーカー
  • 太陽光発電 取扱メーカー シャープ
  • 太陽光発電 取扱メーカー 京セラ
  • 太陽光発電 取扱メーカー 三菱
  • 太陽光発電 取扱メーカー パナソニック
  • 太陽光発電 取扱メーカー 東芝
  • 太陽光発電 取扱メーカー 長州産業
  • 太陽光発電 取扱メーカー ソーラーフロンティア
  • 太陽光発電 取扱メーカー Fujipream
  • 太陽光発電 取扱メーカー NEC
  • 太陽光発電 取扱メーカー 4Rエナジー
最新の施工例一覧