蓄電池ブログ

2015年12月 9日
スマートグリッドのデメリット

エコプラスワンの蓄電池ブログへお越しいただき、ありがとうございます。

当社では店舗のある加古川市を中心に兵庫県で蓄電池着工数Nso.1を目指し、

ご相談・無料診断・シミュレーションから販売・施工・アフターサービスまで

一貫して誠実にお世話をさせていただいております。

このブログは蓄電池の情報をわかりやすくお伝えするブログです。

今日のブログ記事担当は山口音楽です。本日もどうぞお付き合いください。

今日のテーマは

 

「スマートグリッドのデメリット

 

についてです。

 

スマートグリッド(次世代送電網)とは、電力の流れを供給側・需要側の両方から

制御し、最適化できる送電網。専用の機器やソフトウェアが、送電網の一部に組み

込まれています。日本では、大型の発電所で作った電気を電力網を通して一般家庭

などへ“一方向”に送る“集中型電源”といわれる方法が主流です。

その一方で、住宅やオフィス、工場などが、個別に比較的小規模な発電設備を設けて

発電する方法は“分散型電源”と呼ばれています。電力の自由化を進めていくと、

従来の大型発電所に加えて、自宅に設置された太陽光発電システムや、風力発電

などの発電システムも“分散型電源”として電力供給を支えることになります。

“分散型電源”を実現するために、スマートグリッド化を進められており

デメリットとしては

 

①コストの問題

スマートグリッドを実現するためにはスマートメーターを各家庭やビルや工場などに設置

する必要があります。「メーター自体の費用」と「設置のための工事費」が建物ごとにかかる

ため、そのコストは非常に大きなものになります。

②セキュリティや管理の問題

ネットワークを利用してデータの通信を行うため、日常的な電気の管理やコントロールが

複雑になる、私たちが普段パソコンやスマートフォンでインターネットを使っている時と

同じように、ウイルスや不正アクセスなどといった問題が発生するおそれもあります。

③各設備や品質の問題

双方向に電気が流れることによる品質低下の懸念や、太陽光や風力といった再生可能

エネルギーでは常に安定的な発電ができない点があります。エネルギーを安定供給する

ために、作った電気を貯めることのできる蓄電池の併設などが求められています。

 

d0749a71d946d1f81ff6b7f5367bf999_s

 

エコプラスワンでは、太陽光発電・蓄電池・オール電化・スマートハウスについてのお問合せ、

電気代・光熱費の削減についてのご相談など、弊社のエコエネルギーコンサルタントが

丁寧にお答えしております。

どんな些細なことでも結構です。お気軽にお問合せ下さい。

BLP53

【 対 応 エ リ ア 】

神戸市、西区、垂水区、須磨区、北区、長田区、兵庫区、中央区、灘区、東灘区、加古川市、明石市、

高砂市、姫路市、加古郡稲美町、加古郡播磨町、加西市、小野市、三木市、西脇市、加東市、佐用町、

赤穂市、上郡町、相生市、宍粟市、朝来市、養父市、たつの市、 太子町、多可町、神河町、市川町、

福崎町、猪名川町、丹波市、篠山市、三田市、宝塚市、川西市、伊丹市、尼崎市、西宮市、芦屋市、

その他の地域の方は、一度お問い合わせください。

株式会社エコプラスワン 会社概要

株式会社エコプラスワン
〒675-0111
兵庫県加古川市平岡町二俣762-10
大西ビル302
TEL:079-441-2001
FAX:079-441-2002

太陽光発電 取扱メーカー
  • 太陽光発電 取扱メーカー シャープ
  • 太陽光発電 取扱メーカー 京セラ
  • 太陽光発電 取扱メーカー 三菱
  • 太陽光発電 取扱メーカー パナソニック
  • 太陽光発電 取扱メーカー 東芝
  • 太陽光発電 取扱メーカー 長州産業
  • 太陽光発電 取扱メーカー ソーラーフロンティア
  • 太陽光発電 取扱メーカー Fujipream
  • 太陽光発電 取扱メーカー NEC
  • 太陽光発電 取扱メーカー 4Rエナジー
最新の施工例一覧