蓄電池ブログ

2016年2月16日
南海トラフ地震の被害予想

エコプラスワンの蓄電池ブログへお越しいただき、ありがとうございます。

当社では店舗のある加古川市を中心に兵庫県で蓄電池着工数No.1を目指し、

ご相談・無料診断・シミュレーションから販売・施工・アフターサービスまで

一貫して誠実にお世話をさせていただいております。

このブログは蓄電池の情報をわかりやすくお伝えするブログです。

今日のブログ記事担当は山口音楽です。本日もどうぞお付き合いください。

 

今日のテーマは

 

「南海トラフ地震の被害予想

 

についてです。

 

南海トラフでは、過去約100~150年の間隔でマグニチュード(M)8前後の

地震が繰り返し起きていました。東日本大震災を受けて、国は1000年に1度の

「考えうる最大級」を対象に被害想定の見直しに着手し、

M9.1の地震が起きた場合を想定して被害予想をたてています。

 

兵庫県の被害想定は以下のとおりです。

死者 5,800人
建物倒壊 5万4,000棟
浸水面積 18.9平方キロ
直接被害額 5兆円
避難者数(1日) 24万人
避難者数(1週間) 32万人

断水 330万人
下水道 450万人
停電 300万軒
ガス供給停止 7,100戸
防波堤 9,200m
災害廃棄物 600万トン



全国的にみると、地震発生翌日に最大430万人が避難所へ、

270万人が親族・知人宅などへ避難。家庭内と公的備蓄で食料が計6340万食、

飲料水は計13億3千万リットルあるが、不足量は1週間で食料が9600万食、

飲料水は1億4500万リットルに達する。被災地内外での買い占め、道路の渋滞や

寸断で配送が困難になること、保管スペースの不足、物資が届いても適切な管理や

効率的な配分ができないことも想定されています。


hinanjo_seikatsu_family_sad[1]

エコプラスワンでは、太陽光発電・蓄電池・オール電化・スマートハウスについてのお問合せ、

電気代・光熱費の削減についてのご相談など、弊社のエコエネルギーコンサルタントが

丁寧にお答えしております。

どんな些細なことでも結構です。お気軽にお問合せ下さい。

BLP53

【 対 応 エ リ ア 】

神戸市、西区、垂水区、須磨区、北区、長田区、兵庫区、中央区、灘区、東灘区、加古川市、明石市、

高砂市、姫路市、加古郡稲美町、加古郡播磨町、加西市、小野市、三木市、西脇市、加東市、佐用町、

赤穂市、上郡町、相生市、宍粟市、朝来市、養父市、たつの市、 太子町、多可町、神河町、市川町、

福崎町、猪名川町、丹波市、篠山市、三田市、宝塚市、川西市、伊丹市、尼崎市、西宮市、芦屋市、

その他の地域の方は、一度お問い合わせください。

株式会社エコプラスワン 会社概要

株式会社エコプラスワン
〒675-0111
兵庫県加古川市平岡町二俣762-10
大西ビル302
TEL:079-441-2001
FAX:079-441-2002

太陽光発電 取扱メーカー
  • 太陽光発電 取扱メーカー シャープ
  • 太陽光発電 取扱メーカー 京セラ
  • 太陽光発電 取扱メーカー 三菱
  • 太陽光発電 取扱メーカー パナソニック
  • 太陽光発電 取扱メーカー 東芝
  • 太陽光発電 取扱メーカー 長州産業
  • 太陽光発電 取扱メーカー ソーラーフロンティア
  • 太陽光発電 取扱メーカー Fujipream
  • 太陽光発電 取扱メーカー NEC
  • 太陽光発電 取扱メーカー 4Rエナジー
最新の施工例一覧