エコワン10thアニバーサリー

たくさんのお祝いの花をいただきました

皆さん、ありがとうございます

突然ですが イントロクイズです

「この曲のタイトルは何でしょうか?」

「ハイ! Iさん。どうぞ」

「ハウンドドッグのフォルティッシモ(ff)」

「正解です(^^)/」

「それでは歌っていただきましょう。

Iさんでフォルティッシモ(ff)」

「♬あ~いが、すべてさぁ~、

いまこそぉ~ うたぁ~うよ♪」

「Iさま、ありがとうございました」

エコワン10thアニバーサリー

まずは社長挨拶から

という振りで

アベノベアー付きマイクを渡された

数秒固まってしまった

笑いをこらえるために

イベントは 盛りに盛り上がり

「一曲歌いましょうか?」と

素敵なお客様も

ほんのわずかな一歩

何の意味があるのか

わからない一歩

しかしその一歩が次の一歩になる

その積み重ねで今日まで来た

プライマリーインフルエンサーの

皆様に支えられて

コアバリューNo.9

弊社には会社の中心的な価値観を明記した

コアバリューが10個ある

9番目は「準備を大切にする」

来週に控えた エコワン10thアニバーサリー

の本会場である 水足公民館 で

机と椅子を並べてみた(写真は会場半分)

ソーシャルディスタンスを確保するとこんな感じ

当日は 窓も全開 、 エアコン全開 、 扇風機多数台出動などなど

音響も試運転すると やはり問題点ばかり

というより 準備を大切にする弊社からすると

それは 問題ではなく課題

課題も分解すると、それはもはや作業

やることが明確になると

皆の能力もアップする

さぁ行こう!

10kw以上太陽光発電システム

本年度から 30%は自家消費すること

との規定があるため

事前にそれを満足できるか

確認する必要がある

今日は大型の建物に太陽光発電を設置したいとの依頼をうけ

現地調査に来た

昨年度1年間の電気使用実績から

10kw未満の太陽光発電システムで

検討することになった

やはりこれからは自家消費の時代

蓄電池を組み合わせる時代

ニュースレター第109話

弊社で蓄電池を設置されるお客様から

よくいただくお言葉です。

「他社さんよりも説明や提案内容が

分かりやすい」

太陽光の余剰電力を使って

お湯を沸かす エコキュートが大人気です

「努力なしの成果はあり得ません

これからも日々精進です」

師匠からありがたいお言葉

をいただきました

第十一回エコワン合宿

今回の宿泊地は

「姫路の里湯ひととき 夢乃井」

サバゲーの後の

お風呂が最高すぎて

長湯長湯長湯で

夕食の時間ギリギリまで入ってしまうほど

そして夕食のビール

最高だ

翌朝は毎度のビュッフェスタイル

そして毎度 食べ過ぎてしまう

皆さん、ビュッフェで食べ過ぎてしまわないように

するおススメの方法ご存じですか?

第十一回エコワン合宿

初日は朝から

サバイバルゲーム

加古川にこんなところがあるなんて

灯台下暗し

大正デモクラシー

サバイバルゲーム午前の部を2時間ほど堪能して

お昼はバーベキュー

美味しすぎる うらい のお肉

で栄養補給

兎にも角にも暑かった

早朝サバゲーが流行る理由がわかる

でも今回参加した皆が学んだことがある

目標よりも目的

何をするかよりも何のためにするか

ギョースー

業務スーパーのことを

皆はこう呼ぶ

「ギョースー」

神戸物産本社横にある

ギョースーが最寄なので

久しぶりにやってきた

「ギョースー、ヤッスー↗」

あれもこれも

昔のイメージとは全く違い

クオリティも高い

ここまでくると

スーの最上級

「スー差し上げます↗」

をいただけたんですと言われても驚きはない

基礎が大事

人間も蓄電池も基礎が大事

成果にばかり、目も心も奪われがちだが

基礎が大事

スキルではない、コンピテンシーだ

基礎が出来ていないと、なんだかんだ

当面ごまかすことはできるかもしれない

でも、いつかくる。そう遠くない未来に。

大きな壁が。自分の心を映し出す大きな壁が。

その時に、立ち返る。

その時が大事。スキルでごまかすと、絆創膏的処置を施すと

将来にわたって永遠の地獄のループにはまってしまう。

だから超えられるように、もがき苦しむことが大事ではないかと。

そうすると、見えてくる。

実は壁なんてなかったことが。壁は心が映し出していた幻想だと。

筒(つつ)

表彰状を入れる筒

弊社では、年に一度

社内表彰をしているため

これが必要になってくる

次回表彰式は

9/1(火)

本年度の各賞

そしてMVP、社長賞

ははたして誰の手に

みんな、いつもありがとう( ;∀;)