太陽光発電システム農地活用

フジプレアム(姫路市)は2013年度から3年間
姫路市と共同で農地内での太陽光発電事業を研究する 三角フラスコ実験中1
との発表があった プレゼンテーション
教育などに利用している約1200平方メートルの農地を活用 リラックマ
パネルを設置しても影が少なく、米作に支障が出ない仕組みを研究して実用化し
全国の農地での事業化を目指すようだ ニコニコ
システム容量は 17.6キロワット
支柱を立てて上部にパネルを並べる形で、
自動的に太陽を追う追尾型システムだ みらいおん
$加古川 太陽光発電 販売会社の社長 渡邉英人のブログ「Mr.Solarがゆく」
一般的な固定型と比べ発電量は約1.5倍に達し、
設置面積は約20分の1、事業費は約2000万円 ドル
実は農地での太陽光発電は農地法で認められていないが、
今回の共同研究事業は3年間の期限つきで実施許可を得ている
将来、規制緩和が進む可能性に期待大だ ドラえもん
   by 姫路 フジプレアム 太陽光

2 Comments

  1. SECRET: 0
    PASS:
    素晴らしいシステムですね。
    ひまわりの花のように太陽を追うのですね。
    1.5倍増とは凄いですね。
    年間発電量は30000kwhぐらいでしょうか?
    傾斜角度は変わらないのでしょうか?
    夏に緩く、冬にきつくなるとか出来たら、少しは発電量が増えるのでしょうか?

  2. SECRET: 0
    PASS:
    >yamakenさん
    当該メーカー担当者と先日話をしていたのですが、この実験がうまくいけば地域活性化になると期待できますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です